本文へ移動

改修工事の進め方

事前調査

下地調査
以前に改装したままの躯体・現状の構造と基礎が合わない
改装・耐震工事では、事前の調査が重要になります。表面的な部分ではなく、下地である躯体が構造的に機能をなしてない場合が多いのです。まずは設計事務所として、建主に協力してもらい過去の建築に関する資料を集め、読み取り、現状に合せて見ていきます。そこで不明な部分は、工事の方に協力してもらい、下地を調査していきます。
新築工事では、見積は「相見積」が多いのですが、改装工事に関しては、その建物を得意とする工事業者を1社に選定し、調査協力をして頂き、設計を進めていきます。結果的に、よい改修工事となるからです。
尚、工事の調査費用は、建主負担となります。(設計事務所から、事前調査の意図の旨を伝え、実費のみを請求してもらいます。)

リフォーム・耐震設計プログラム

耐震設計

リフォーム設計

屋内消火栓パッケージの設置
リフォーム工事では、構造の耐震のみだけでなく、様々な法律の規制も掛かってきます。できるだけ、現状を把握して、災害等に対処できるように、最善を尽くしていきます。
各役所への申請も行い、様々な面で、安心で安全をあるように努めていきます。

一級建築士事務所 アトリエ結
〒410-0872
静岡県沼津市小諏訪523-1
TEL.055-952-3345
FAX.055-952-3359

1.建築全般における 企画・開発・研究
2.建築設計監理全般
(特に木造建築及び住宅設計)

■業務上の資格
・一級建築士事務所登録
静岡県知事登録(5)5398号
・一級建築士事務所 アトリエ結
・管理建築士
一級建築士登録
第264515号 高島ゆかり(塩見)

 
0
1
0
0
9
8
TOPへ戻る