本文へ移動

箱根太陽山荘

箱根太陽山荘

全景

看板

十五夜

伝馬船

パース

玄関受付

玄関正面

待合

受付

客室

廊下

床の間

別館

待合

階段

欄間

パース2

洋室

ポーチ

階段

階段

階段

廊下

別館階段

ドレッサー

渡り

広間

住居

台所

パース

外観

夜景

パース3

全景

概要

箱根強羅温泉 国民宿舎 箱根太陽山荘 耐震補強改修工事
神奈川県 足柄下郡 箱根町 強羅1320 TEL0460-82-3388  FAX0460-82-5968 
当初建設年 1940年(昭和15年)〜 登録有形文化財 2007年登録
設計・工事監理    一級建築士事務所 アトリエ結      ?島ゆかり
調査アドバイス          一級建築士事務所 長谷川敬アトリエ 長谷川敬
調査協力                                      清水建築設計事務所   清水利至
構造設計アドバイス   山辺構造設計事務所    山辺豊彦  鈴木竜子
耐震プログラム設計 滝一級構造研究室      滝 英規  加藤雅之
施工 株式会社 富創 + E-HOUSE 望月永一

太陽山荘は、昭和15年に新宿警察庁の保険療養所として建設され、一時はドイツ領事館の疎開事務所として貸していたが、昭和22年から「和香荘太陽旅館」、昭和44年からは民間の国民宿舎として営業してきた。
■建築の価値を評価し、活かす。
 廊下・階段室にみられる露地風の意匠、客室の床の間まわりの多彩な意匠、眺望を重視した客室の配置と平面計画。これらの建築の価値をしっかり評価し、活かすことをめざした。
■構造耐力の欠陥を克服する。
 
度重なる増改築の結果、柱が抜かれ、針が切断され、新しく入れた柱や梁も、次の改修には生かされていないことが判明。増改築のたびに、構造耐力は低下していった。耐震精密診断では、上部評点(保有耐力/必要耐力)が「0.03」となった。全ての部屋の宿泊客の安全を確保するため、建物全体を耐震化して「1.0」とすることを主眼とした。さらに、構造計算では評価しにくい、床面の水平効力を高め、小屋組に関しても、雲筋交や火打梁等を入れ直し、できる限り、構造耐力を高めていった。
■建築の価値を活かし、「伝える」
 施主家族の、建物への誇りからうまれていた、磨きこまれた木造建築の価値とその想いを評価した。先人の大工の木に対する洞察力と、それを活かした職人技術の粋を、今の職人に伝えた。構造的にも防災上も、難易度の高い工事だったが、宿泊客に安心と安全をあたえ、今まで通りに建物の歴史を感じ、今まで以上の安らぎを与える旅館とした。
市井の中にある、古い建物の多くは、時代の変化に対応しながら増改築を繰り返してきた建物が多い。また施主が、建物を愛し、そこにあるまちを愛しているからこそ、今まで壊さずに。大切に住み続けてきた。建築家は、その建物について、まずはすべての現実を読みとることからはじめなくてはならない。その時に、多くの場合は、施主家族とのぶつかり合いもあるだろうし、各役所から様々な難題を求められることもあるだろう。また、不透明な部分が多い改修工事では、工事側によき協力者が必要になるだろう。そして私たち建築家自身が、その建築を見つめ、我々が本当にその建築に対して、まちに対して、施主に対して何をなすべきかを考えなくてはならない。

登録文化財の耐震改修工事

外観

(2010-01-04 ・ 886KB)

玄関

(2010-01-04 ・ 660KB)

待合

(2010-01-04 ・ 541KB)

本館客室・洋室

(2010-01-04 ・ 590KB)

本館客室・和室

(2010-01-04 ・ 693KB)

別館

(2010-01-04 ・ 827KB)


一級建築士事務所 アトリエ結
〒410-0872
静岡県沼津市小諏訪523-1
TEL.055-952-3345
FAX.055-952-3359

1.建築全般における 企画・開発・研究
2.建築設計監理全般
(特に木造建築及び住宅設計)

■業務上の資格
・一級建築士事務所登録
静岡県知事登録(5)5398号
・一級建築士事務所 アトリエ結
・管理建築士
一級建築士登録
第264515号 高島ゆかり(塩見)

 
0
1
0
0
9
8
TOPへ戻る